製品紹介 >  特殊コンクリート・シート >  配管、海底パイプラインの補強


特殊成型コンクリート・シート 管路の補強例

              南アフリカの多目的パイプラインで採用

南アフリカのハウテン州とクワズール・ナタール州の間にある、燃料やオイルを輸送するための多目的パイプライン(円周2メートル)の補強手段として採用されました。敷設によってこれまでの様々な技術的な難題を克服できました。

1. 裏込材や岩の多い溝にパイプを降ろす際、パイプの継ぎ目が損傷する恐れがありましたが、シートをパイプに巻くことによって、非常に迅速に保護層を形成できました。
2. 従来型のコンクリートでパイプの輪郭や曲がり角を保護することは不可能でしたが、独特の柔軟性によってパイプの輪郭や曲がり角に敷設することが可能となりました。
3. 13mm厚タイプの敷設によって、パイプの水中からの浮き上がりを防止することができました。

敷設は大きな成功を収め、技師たちは将来的なプロジェクトへの応用にも非常に大きな興味を示しました。


       施工例の紹介
         管路の補強例:   事例①  │事例② │   

 Copyright 2009 by NIPPON TOKUSO Co., Ltd